瀧丸の手記

晴れときどきふわふわ

12/10 ウルトラ怪獣シリーズ36ガンQ(コードNo.01) 日記

あざ笑う眼

 

f:id:takimaru1208:20201211005035j:plain

f:id:takimaru1208:20201211005044j:plain

今日の玩具はウルトラ怪獣シリーズより、ガンQです

ストレートでありながらユニークな名前と、一度見たら忘れられないようなビジュアルが功を奏したのか

TDG三部作登場怪獣の顔と言っても過言ではない程の人気と出番の多さのある怪獣です

500シリーズになって36番目、時期的にはギンガ放映中に出たりと

比較的初期からラインナップされている辺りが、その人気の証拠なのかもしれません

ソフビ自体は胴体まぶた、触覚の小さな眼を中心に塗装されています

実際には胴体は充血した眼のように、血管が通っているようなデザインなのですが

塗装やディティールなどはありません

コスト削減などもあるんでしょうが、実際のスーツを見るとグロテスクな部分もあるので

小さい子が怖がらないように、ガンQの可愛らしい一面を強調しているようにしているのかもしれません

 

f:id:takimaru1208:20201211005053j:plain

f:id:takimaru1208:20201211005102j:plain

塗装はされていませんが、足の前後にも眼があったりします

ここだけ見ると、ゴジラヘドラみたいですね

 

f:id:takimaru1208:20201211005111j:plain

ソフビ人形は基本、腕が縦に回るものですが

ガンQはデザインの都合か、腕が外側と内側に横で回るようになっています

 

f:id:takimaru1208:20201211005121j:plain

ガンQ「通行止めです」

 

f:id:takimaru1208:20201211005130j:plain

ガンQが合体している怪獣、ファイブキングと並べて

言うまでもないですが、ガンQの構成要素は左腕ですね

ファイブキングは前述した、眼に血管のようなディティールが入っています

 

f:id:takimaru1208:20201211005141j:plain

目と目が遭う~

 

f:id:takimaru1208:20201211010816j:plain

ウルトラマンガイアと並べて・・・

とやりたい所ですが、うちにはガイアが居ないので

ギンガSで対峙したギンガとビクトリーと並べて

ガンQの涙はガンQのシュールで可愛らしいシーンが多い一方で、良い話なので個人的に好きなエピソードだったりします

劇中ではスパークドールズという形で、このガンQのソフビがそのまま出てくるので

見た後はガンQのソフビが欲しくなりますよね

大きな目玉をした怪獣・宇宙人繋がりで、同じ回に出てくるアクマニア星人も中々可愛いと思うんですが

悲しいことに今のウルトラ怪獣シリーズだと定番から外されたそうで・・・

定番の入れ替わり立ち替わりが激しいウルトラソフビシリーズだとよくある事ですが残念ですね

以上、ウルトラ怪獣シリーズよりガンQでした

可愛らしく造形、塗装されており、お手頃な価格なので気になった人はオススメです

ガンQの涙が好きって人は是非是非・・・

 

不定期連載、このweb漫画が面白かった!のコーナーです

という事で、忍者と極道という漫画を無料公開分読んだ

みんな大好きNINJA!とフィクションだとカッコよく魅力的に描かれる極道の対立を主題とした漫画

忍者の忍者(しのほ)くんと、極道の極道(きわみ)さんの二人が主人公という形で描かれていて

極道と、その天敵である忍者がふとした事で出会い

プリンセスシリーズっていうプリキュア的なアニメが好きという共通の趣味で友達になっていくけども

お互い、それぞれの正体を知らないまま話が進む・・・という

嗚呼~好き~~~って感じの話作り

二人の共通の趣味であり、頻繁に話題として出るプリンセスシリーズで

「お互いの正体を知らないまま親友になって、そして戦うことになって~」って語られるシーンで

忍者くんと極道さんの二人の対比になっていて

「この二人が正体バレしたらどうなるんだろ~~~」って読者の気持ちを強くさせるように、劇中劇が機能しているのが見事だなぁと思ったりたり

 

 

今日もニュイさんの配信見た

支援レベルが上がって落としに掛かってくる生徒達が、夢女子おニュイに襲いかかる!

5年経ったってのと、戦時中っていう環境が大きく影響しているんだろうけども

金鹿の中で一番成長して、精神的に大人になったなぁ・・・と思ったのはローレンツだったり